トラックの運転免許
2017.07.28

大きいトラック軽トラックで走行中に「あれ、なんだか運転しにくいな」と思ったことはありませんか。あるいは「最近振動がひどくなったな」と感じることは?私も車を運転していて、やけにガタガタと揺れるが気持ち悪かったので、カーショップに相談に行きました。するとタイヤが偏ったかたちですり減っていて、だから車両全体のバランスが崩れてしまっている。運転中の異常もそれが原因だ、と言われました。
私自身、タイヤのことなんて余り深く考えたことはなかったのですが、どうもタイヤというのは接地面がずれていると耐用年数にまで影響が及ぶらしいのです。タイヤは基本的にゴム部分の真ん中を走る中心軸に、地面が来るように加工されています。それが四本ともベストな状態なら快適な運転ができるのですが、その軸から少しでもずれていたりすると、タイヤに不要な負担がかかるんですね。もちろん、普通ならこんなことはないそうなんですが、まれに起こります。私はその「まれ」なタイヤに当たってしまったようです。
私は仕事柄、車の交通量の多い道路を走ることが多く、その道路には高速道路も含まれています。エンジンの不調ならすぐに気づけたのですが、タイヤに原因があるというのは盲点でした。大して気にも留めずに、あのまま走り続けていたらと思うと、心配性なのかも知れませんが、やっぱりゾッとしますね。カーショップでタイヤの問題を指摘された時、いっそ買い替えてしまおうかとも考えたのですが、お店の人にタイヤの重心を戻す作業代をたずねたら、数千円程度で済むという話だったので、そちらでぜひやってくださいとお願いしました。
ヒヤリとしたあの一件以来、私はタイヤに関して人一倍気にするようになりました。それが高じてホイールバランサーなるものまで買ってしまったのですから、我ながら神経質な性格だなと呆れてしまいます。このホイールバランサーですが、簡単にいうと、ショップでやってもらえるタイヤのバランス調整を自分でもできるという代物です。定価で購入すると2万円くらいしますが、ネットオークションで検索していただければ、手頃な価格で出品されていたりもします。それで使い方ですが、本体横にタイヤをセットし、幅を測り、計測機に数字を入力します。その後で本体を稼働させると結果が表示されます。腕の器用な方なら、ここから微調整もできるのでしょうが、私はただ計測するだけです。ただ、それだけではもったいない気もするので、いつかは自分で調整できるようにもなりたいですね。そこまで行くと、転職しろという話になってしまいますが。

▲ ページトップへ